おざき よつじろうの伝説 | 陶工房 美土里の洞 通信

陶工房 美土里の洞 通信
▲…△
群馬県・白根山と浅間山。二つの雄大な山の足元に暮らし、作陶する日々。
【 陶ギャラリー美土里の洞HP】http://midori-hora.moo.jp

おざき よつじろうの伝説 16:01
先日、嬬恋村の面白い伝説を聞きました。
昔むかし、村内で不幸が次々と起こった時のこと。
何かの祟りだろうか、と皆で悩んでいたところ
不幸の起きる先に必ず、ある生きものがいることに気がついたそうです。
全身真っ黒で、尾と手足の先だけが白い犬。
以来、村では「尾と手足の先だけ白い黒犬」を災いの元として
忌み嫌うようになった……とさ。メデタクナイメデダクナイ(犬にとっては濡れ衣ですよね)。
きっと黒猫やカラスが縁起が悪いといわれる類いで、真偽のほども定かではありません。
ただ、その「災いをもたらす犬」の呼び名を聞いて笑ってしまいました。
「おざき よつじろう」。
やけに立派な名前がついてます(笑)文豪とか地元の名士とか、そんな雰囲気。
もっとも私が「尾崎 四次郎」なんて字面を真っ先に思い浮かべたからであって、
実際は「尾と手足の先が白い→尾先四白(おさきよつしろ)→おざきよつじろう」というところでしょうね。
今でもそんな柄の犬を連れていると地元のお年寄りに嫌がられるらしい、と聞きましたが……ホントかな?
(ちなみに草津出身のシショーは「ナニそれー?」と笑っておりました)
機会があったら地元の方に聞いてみようと思います。
「ご存知ですか?おざき よつじろう……」
言った途端に塩まかれたらどうしよう。

我が家の愛犬ハチは全身茶と白のブチですが、一カ所だけしっぽの真ん中に黒い点があります。
「おざき よつじろう」にならって命名すると、
「おなか てんくろう(尾中点黒)」て感じでしょうか。こっちは旅芸人ぽいな。

たまにしか更新しないくせにスゴクどーでもいいことを書いてしまいました。
現実逃避。バッテリー上がり気味です。春は刻々と近づいております。

ーーー追記ーーー
↑を書き終えた後、俄然気になって調べてみたら、なんと!
あてずっぽうで書いた「尾先四白」という単語を大辞林で発見。
 『おさきよつじろ(尾先四白)』
  尾と四足の先の白い犬。霊力をもつとして、飼うことを忌む地方がある。(三省堂・大辞林より)

……よつじろうはサイキック犬だったのか!
| ひとりごと | comments(3) | trackbacks(0) | posted by ミドリノホラ
Comment








私の母は草津温泉出身なんですが、昔我が家に、手足が白くてしっぽの先だけが白いパンダ柄の猫を飼っていたのですが、「この柄は、おざきよつじろうって言って、バカなんだよ」と言ってました。今日はそれを思い出して、おざきよつじろでググったら、真っ先にこのページがヒットして、しかも嬬恋村って近所だし、やっぱりあの辺の言葉なんですね。
バロンと言う名の猫で、のんびりしていて可愛い猫でしたが、確かにバカでした。
posted by ロザリー | 2013/07/21 12:53 PM |
>ロザリーさま
はじめまして。駄文を読んで下さってありがとうございます。3年以上前の記事を思わず新鮮に読み返しました。
そうそう「おざきよつじろう」、えっなにそれ?ってやっぱりなりますよね!
当時わたしもモーレツに気になって、大辞林で見つけた時は大興奮。さらに調べてみたら「主に長野・山間部の言い伝え」とのことでした。
嬬恋も草津も長野との県境にありますから、伝わってきていたのでしょうかね。しかも犬だけでなく猫まで…「霊力」じゃなくて「バカ」って(笑)
パンダ柄でのんびり屋のバロンちゃん、かわいかったのでしょうね。我が家にも記事中の「尾中点黒(おなかてんくろう)」ことハチの相棒でゴマという黒猫がいました。
真っ黒な毛をかきわけると根元だけ真っ白、よつじろう的にいえば「根元白(ねもとしろう)」?…ヤンチャな可愛い奴でしたが、やっぱりちょっぴりバカでした(笑)
posted by ミドリノホラ | 2013/07/22 10:36 PM |
山梨県です
私が小さいころ、御近所で産まれた仔犬をもらうときに父が「【よつじろのおおじ】は選んじゃだめだょ。バカだから」と言われましたょ〜
posted by きゃさりん | 2020/06/07 1:45 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
google-site-verification: googleb2502e3b428e6063.html