犬も猫も庭かけまわる | 陶工房 美土里の洞 通信

陶工房 美土里の洞 通信
▲…△
群馬県・白根山と浅間山。二つの雄大な山の足元に暮らし、作陶する日々。
【 陶ギャラリー美土里の洞HP】http://midori-hora.moo.jp

犬も猫も庭かけまわる 11:46
朝目が覚めてぼんやり布団の中、ふと胸騒ぎ。あれ?
この何かに包まれているような静けさは、もしかして‥‥‥
白々と明るい窓の外、やっぱり積もってました。
昨日までの小春日和をかき消すかのような、大雪。
「雪かきも閉じこめられることも命がけのドライブもなく、
 スイスイ流れる冬の日々。
 快適ではあるけれど、気の抜けたビールのような
 物足りなさがなきにしもあらず」
なんて夕べ書きかけていたのに、一夜にしてボツです。
しんしんと降る雪を幻想的な気分で眺めることはあるけれど、
その向こうに待ち受ける労働(雪かき)が現実なのです。
楽しそうなのはこのコンビだけ↓↓


動物学者のコンラート・ローレンツ著「人 イヌに会う」(RECOMMEND内参照)によると
犬と猫は共通言語(ボディランゲージ含む)を持たないため、
理解しあうことが難しいそうです。(例えば一つの器から並んで食事している光景を
人は微笑ましい友情のようにとらえるけれど、そこには決して友情はないんですって)
唯一彼らの間で真の友情が成立していると判断してもよい状況は、
家の外で(ここが肝心らしい)二匹で一緒に歩み、遊んでいる場合とのこと。
さてさて、美土里の洞のこの犬猫コンビはというと‥‥‥
ハチの標準語はほぼ猫語。(発音は「ワンワン」だけど)
ゴマはハチの真似をしている。(ハチがミイの真似をしていたみたいに)
私が工房に着くと、ひとつの茂みがガサゴソ揺れて肩を並べて走って来る。
(二匹でかくれて遊んでたのかしらと無性に可笑しい)
彼らには友情が成立している!と私は思うのですが‥‥‥どうでしょう?
| 日々のこと | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ミドリノホラ
Comment








ブログ素敵ですね〜!面白いっ!
本領発揮・・・さすがです!

友情、まちがいなく成立していそうですね。
しかも兄弟愛にも似た崇高なる愛咬!
ハチとゴマにも、いつか会いに行き、エイリアンシーンを見てみたいものです(笑)。

今年もよろしくお願いします☆
posted by seraphim* | 2007/01/09 3:05 PM |
>seraphim*さま
ありがとう!seraphim*さん&旦那さまのアドバイスのおかげです。感謝してます!!
本当はもっといろいろ入れようと、去年から本片手に七転八倒の挙げ句‥‥‥
ご覧の通りです。超シンプルに、そして無理矢理自分の土俵に(笑)。

ハチとゴマの関係は本当におもしろいです。お互いどういうポジションなんだろ、とずっと思っていたけど、そうだね「兄弟」かも。犬vs猫、犬猫vs人、異文化交流が成立する瞬間はスプーン曲げ成功!に近い感動を覚えます。(例えがヘン?)ぜひ見に来て下さい。猫同伴可。

こちらこそ今年もよろしくお願いします。まずは、新年会で♪

posted by ミドリノホラ | 2007/01/10 1:41 AM |
まずはブログ完成おめでとーう☆
絵文字効果抜群!なんか情景が伝わるわ〜。
ハチとゴマの友情、憧れます。
うちにニューフェイスのワンコが来たのですが
犬同士であっても、例のミッキー氏にとって自分の座を揺るがすものには喝!って感じで子犬相手にオモチャの取り合いです。大人げない…。
新年会で会えるのね☆楽しみにしてます。今年もヨロシク☆
posted by waka | 2007/01/12 11:29 AM |
>wakaさま
ありがとーう☆
文才のなさを絵文字でカバーしているわけです。
身振り手振りが大きい口下手なひとだと思ってください(笑)

ミッキーくん、元気?ライバル出現、それは彼にとって一大事だね!
涙目で子犬とオモチャの取り合いしている姿が目に浮かぶようです。
同じく小心者のハチは、私にはどこがいいのか全く理解できないせんべい座布団を
ゴマと毎日取り合ってます。(大抵ゴマに取られてる)

新年会の前にまたCHZに寄らせてください(後ほどメールします)。
こちらこそ、今年もお世話になります!ヨロシクね!

posted by ミドリノホラ | 2007/01/12 3:02 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
google-site-verification: googleb2502e3b428e6063.html